注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

ゴールデンカムイ293話ネタバレ!戦争は誰が生き残るかを決める戦いだ

2021年10月14日発売の「ゴールデンカムイ」のネタバレ&感想をまとめてみました。 

【ゴールデンカムイ】293話ネタバレ!戦争は誰が生き残るかを決める戦いだ

VS鶴見第七師団と戦いの真っ最中です。 

それぞれ配置で戦いが繰り広げられていました。

 二階堂を筆頭に五稜郭の内部へと突入しようとしています。

その間も鳴り止まない銃撃音。銃撃を交わしながら水の中に飛び込みます。

 一方、土方たちは敵の兵士たちの侵入を発見しま

す。土方は敵の侵入は想定内らしく冷静のようです。

一気に突入は避けたかったが、少しずつならばまだ戦い方はあるようです。

五稜郭での思い入れがある土方は必ず勝つと意気込んでいました。

 杉元はほぼ単独で行動しています。 不死身の杉元と呼ばれるにふさわしい恐ろしい動き。

4人いる敵を躊躇なくぶっ叩き、銃で撃っていきます。

 敵は近距離から中距離からとそれぞれ攻めますが、凄まじい速さで向かってくる杉元に勝てるわけもありません。  

そんな杉元を遠くから見ながらアシリパはそわそわしながら、杉元を心配していました。

意外にも冷静な白石がアシリパを落ち着かせます。

自分たちのことだけ考えて権利書を守ることだけを考えようと。

アシリパはアイヌのために背負っているものがたくさんあるのです。

キロちゃんたちの想いを無駄にしないためにも。

 港では民たちが大騒ぎしていました。

ロシアが攻めてきたと思っているようでパニック状態です。

 門倉たちは全員負傷しています。

特にキラウシが生きているか心配なぐらい。

門倉が話しかけるとなんとか応えれたのでギリギリ大丈夫そうです。

ただ左足が折れてしまっているから立てないようです。

マンスールも右手を失う負傷。

永倉は負傷している門倉たちに役目は果たしたからもう立ち去っていいと伝えます。

 永倉は土方に助太刀にしにいくようです。

その瞳は揺るぎないものでした。

 鶴見率いる第七師団はやる気全快。

東口と北口の敵を殲滅しようと宣言しています。

それに月島軍曹、鯉登少尉も続きます。

 二階堂は水の中に飛び込みなんとか五稜郭の内部に到着することができました。

するとそこには仲間の兵士があられもない姿で死んでいました。

 そして遠くで憎き土方を発見します。

土方は侵入した兵士たちを倒そうとしていました。

二階堂は土方を目掛けて手投げ弾を投げ込みます。

なんとか避ける土方たち。

土方は生きていましたが、煙で見失ってしまいます。 

するとその瞬間、二階堂が土方を銃で狙います。

土方に過去、殺されかけた二階堂は土方を恨んでいました。

 しかし、その気配で気づいた都丹が土方を庇って銃撃を代わりに受けました。 

【次のお話】 ゴールデンカムイ ネタバレ294話はこちら!

ゴールデンカムイ293話ネタバレ!戦争は誰が生き残るかを決める戦いだの感想 

最終章にふさわしい大きな戦いがついに始まりましたね。

それぞれが動き出し、戦いの真っ最中ですね。

緊張感が伝わってきます。

圧倒的に不利な中でなんとか生き延びてほしいです。

勝たなくてもいいから死んでほしくないというのが個人的な意見です。

誰かが犠牲になるのではないかとハラハラしています。

土方は五稜郭に並々ならぬ思いを持っているのかいつもより眼差しが違う気がしています。

感情的になってあらぬ行動にでてほしくないですね。

永倉はそれを心配してか、すぐさま土方に合流するようなので、何かが起こる予感がしています。

また、杉元とアシリパたちも今まで共に同じ目的で進んできましたが、もうゴールが見えてしまいましたからね。

この戦いが終わったら2人はどうなってしまうのでしょうか。

アシリパの時折見せる寂しそうな顔が見ると胸が苦しくなりますね。

まだまだ戦いは続きそうなので今後の展開に期待しています。

週間ヤングジャンプで連載中の「ゴールデンカムイ」の次のお話は、2021年10月21日に発売される予定です。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!