注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

鬼滅の刃78話ネタバレ!善逸と宇随の嫁を見つけた伊之助

単行本9巻に収録されている「鬼滅の刃」のネタバレ&感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

堕姫と対面する炭治郎。

ヒノカミ神楽の技を使って、はやくも堕姫の隙の糸を見つけ出します。

【前のお話】鬼滅の刃ネタバレ77話はこちら!

【鬼滅の刃ネタバレ】78話ネタバレ!善逸と宇随の嫁を見つけた伊之助

しかしながら隙の糸はあっけなく切れてしまい、炭治郎は堕姫の帯にはじかれて、吹っ飛ばされます。

なんとかそこからも粘る炭治郎。

もっともっと堕姫と渡り合うために、体を熱く燃やします。

時は遡り、蝶屋敷で炭治郎が療養をしていた時のこと。

何日もの間、熱が下がらない炭治郎をきよは心配しています。

しかし炭治郎は言うのでした。

熱が高いと体の調子がよくて、ヒノカミ神楽をたくさん連続して使えるんだ。

だからどうか、しのぶさんには内緒にしといてほしい。

きよは炭治郎が必死に頼むので、渋々OKしたのでした。

炭治郎はもうだれも死なせない、と決意を胸に、ヒノカミ神楽で堕姫と戦います。

その頃、伊之助はあるものを発見していました。

それは、堕姫の住処に繋がる穴です。

しかしながら穴は帯が通れる程度の細さで、伊之助は頭しか入れることができません。

けれどここで伊之助は身体中の関節を外し、にゅるにゅるっと穴の中に入り込みました。

そうしてたどり着いたのが堕姫の住処。

人骨が大量に落ちており、堕姫が人を食べまくったことが分かります。

さらにはそこらじゅうに人間が入った帯がぶら下がっていました。

帯の中には捕らえられた宇髄の嫁、まきを、須磨、それから善逸の姿もあります。

なんだこれ、と思っている伊之助の元へ、人面帯が話しかけて来ました。

人の食糧庫に勝手に入るんじゃない、クソ野郎が!と帯は言います。

これはどうやら、堕姫の分身のようなものでした。

【次のお話】鬼滅の刃ネタバレ79話はこちら!

【鬼滅の刃ネタバレ】78話ネタバレ!善逸と宇随の嫁を見つけた伊之助感想

伊之助の不敵な感じがとても頼もしく思えた回でしたね…!!

緊張感のある上弦との戦いでも、こんな風にいつも通りにはしゃぐように戦う伊之助がかっこいいです!

そして堕姫がやはり強い鬼で、たくさん人を食って来たことが判明しましたね…。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!