注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

鬼滅の刃85話ネタバレ!戦い疲れて眠るねずこ

単行本10巻に収録されている「鬼滅の刃」のネタバレ&感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

ねずこが大暴れし、ついに人まで襲いかけた時、ギリギリで炭治郎が彼女を止めます。

そしてそこに宇髄がやって来て、あっという間に堕姫の首を斬り落としました。

【前のお話】鬼滅の刃ネタバレ84話はこちら!

【鬼滅の刃ネタバレ】85話ネタバレ!戦い疲れて眠るねずこ

ねずこが暴れるのを見て、宇髄は言います。

ぐずる子供は戦場にいちゃいけない

だから、子守唄うたって寝かしつけてやれ

炭治郎は暴れるねずこを押さえつけようとして、ねずこのパワーに負けて屋外に吹き飛ばされます。

そして炭治郎は、宇髄の言う通りに子守唄を叫ぶように歌ってねずこに聞かせました。

初めは彼の声も届いてなかったねずこですが、昔母親が歌っていたその子守唄は、ねずこの記憶をよみがえらせました。

のどかな山里、やさしく微笑む母親。

それらを思い出して、ねずこは大泣きし始めます。

やがて身体は縮んでいき、すやすやとねずこは泣きながら眠ってしまいました。

炭治郎はねずこを見てほっと一息。

その頃、宇髄は堕姫に弱すぎる、と言っていました。

違う!自分は上弦の鬼なんだ!数字だってあるんだ!と言い返す堕姫。

いいから早く消えろ、と宇髄ほどうでもよさそーに言います。

すると堕姫は大泣きし始めました。

悔しい悔しいと連呼した後、お兄ちゃん、と呼びます。

そして堕姫の身体から、不気味な男の鬼が出てきました。

お兄ちゃんと呼ばれたその鬼は、堕姫を大切そうに扱った後、宇髄に攻撃します。

その鬼は堕姫とは桁違いに強く、宇髄は攻撃を食らってしまいました。

【次のお話】鬼滅の刃ネタバレ86話はこちら!

【鬼滅の刃ネタバレ】85話ネタバレ!戦い疲れて眠るねずこ感想

必死にこもりうたを歌う炭治郎がお兄ちゃん感があってグッときました…。

お母さんの笑顔が印象的で、とてもあたたかいようなせつないような気持ちになりますね。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!