注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

鬼滅の刃92話ネタバレ!炭治郎以外が戦闘不能に

単行本11巻に収録されている「鬼滅の刃」のネタバレ&感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

炭治郎、伊之助、善逸が力を合わせ、堕姫の首を落としました。

そして伊之助は堕姫の首を掴み、身体が再生しないように首を遠くへ持ち運ぼうとします。

【前のお話】鬼滅の刃ネタバレ91話はこちら!

【鬼滅の刃ネタバレ】92話ネタバレ!炭治郎以外が戦闘不能に

頭だけになってもギャーギャーと抵抗する堕姫。

けれど流石に首だけになった堕姫の攻撃力は、大幅に下がりました。

このまま首をもって逃げ回ろうとする伊之助。

そんな伊之助の背後に突然妓夫太郎が現れ、伊之助の心臓を貫きました。

伊之助はその場に倒れ込みます。

妓夫太郎は宇髄さんが相手にしていたはずじゃなかったのか?!と思う炭治郎。

宇髄の方をみやると、そこには片腕を切り落とされて横たわっていた宇髄の姿がありました。

それをみて顔を真っ青にする炭治郎。

さらに復活した堕姫の帯に狙われた炭治郎を、善逸が庇います。

一気にやられてしまったみんなにむけて、炭治郎は心の中で必死に謝りました。

炭治郎は夢を見ます。

ねずこに、なにかを訴えられる夢でした。

一生懸命がんばってそれでもダメだったんだから仕方ないじゃないの。

どうして謝るの?とねずこは泣きながら言います。

目が覚めた炭治郎の目の前には、妓夫太郎が座っていました。

妓夫太郎は言います。

おまえら無様だな、みんなもう助からねえよ、お前だけ生き残ってんだ、いまどんな気持ちだ?

妓夫太郎は、1人だけ無事だった炭治郎を嘲笑います。

指を折られ、笑われ、髪を引っ張られる炭治郎。

炭治郎が地面に向けて手をぐしゃっと叩きつけたのを見て、妓夫太郎は笑います。

自分があわれになってきたか?と彼は言いました。

しかし炭治郎の戦意は全く失われていなかったのです。

彼は妓夫太郎にむかって強く頭突きをしました。

と、同時に藤の花の毒を塗ったクナイも刺しこみ、妓夫太郎は身動きが取れなくなります。

このクナイは、ひっそりと雛鶴に渡されていたものでした。

横たわる妓夫太郎の首に、炭治郎は渾身の力で日輪刀を振りかざします。

なぜここまでしてもあきらめないのか、と妓夫太郎は激しく疑問を抱きました。

【次のお話】鬼滅の刃ネタバレ93話はこちら!

【鬼滅の刃ネタバレ】92話ネタバレ!炭治郎以外が戦闘不能に感想

こんなに追い詰められても諦めない炭治郎、すごい決意ですね……。

それにしてもみんなの怪我が心配です……。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!