注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

舞妓さんちのまかないさん216話ネタバレ!すみれの止まらない恋心!

2021年10月13日発売の「舞妓さんちのまかないさん」ネタバレ&感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

健太は風邪を引き、仕事場である洋食屋を休んでいました。

キヨの看病のおかげで復活した健太は、以前に増して洋食屋の修行に励みます。

いつも台所で料理を作ってくれたキヨの背中を思い出しながら・・・。

【前のお話】舞妓さんちのまかないさんネタバレ215話はこちら!

【舞妓さんちのまかないさん最新話ネタバレ】216話 すみれの止まらない恋心!

京都の初夏の夜。

すみれは舞妓さんの「百はな」として、京都の風物詩、鴨川近くの川床に来ていました。

お客さんに、鴨川をゆっくり眺めたら?と言われますが、すみれはそれを聞くと、思わず顔が赤くなりうつむいてしまいます。

すみれの脳裏に浮かぶのは、健太の姿。

鴨川の向こうでは、健太が働いています。

鴨川の川面ではなく、川の向こうが気になってしまうすみれ。

恥ずかしくて、川の向こうが見れません。

思わず、健太のことを思い出してしまうくらい、日に日に健太のことが好きになっていくのです・・・。

その後、京都の夜道をひとりで歩いていると、お風呂からの帰りだったキヨと遭遇します。

すみれの顔を一瞬見ただけで、顔が赤い、暑い?と気に掛けるキヨ。

すみれは動揺しながら、うん。と返します。

たとえキヨでも理由は話せません。

キヨはキヨで、すみれの身体を心配します。

風邪だったら良くない。

帰ったら、青森にいるおばあちゃんが送ってくれた山ぶどうジュースを飲もう。とすみれに話します。

山ぶどうジュースはキヨたちが青森で疲れた時によく飲んでいた、栄養のあるジュースです。

なつかしい・・・。と話す、すみれ。

青森で山ぶどうジュースを飲んでいたキヨと健太とすみれの、3人の光景が浮かびます。

学校帰りのキヨたち3人。

山ぶどうジュースをコップに分けて飲んでいます。

山ぶどうジュースの渋みが少し苦手なすみれは、いつもりんごジュースで割って飲んでいます。

それを知っている健太は、いつものように何気なくりんごジュースを差し出します。

ありがとう。というすみれ。

なんてことない、といったふうに返事をする健太。

その間に、キヨはひとりだけ山ぶどうジュースをなみなみとコップに注いでいます。

キヨに向かってどんだけ飲む気だよ。もう元気だろ。と突っ込む健太。

キヨと健太のやりとりを眺めるすみれ。

大好きなふたりのことを見つめている表情はとても幸せそうです・・・。

そんなすみれの様子にふと気付くキヨと健太。

どうした?とふたりで気遣います。

ごめん。大丈夫。

ちょっと見ていたかっただけ。

と、すみれはふたりを見ながら返事をします。

・・・何を?

と、肝心なことを聞きそびれた、キヨと健太なのでした。

そして現在。

すみれは舞妓の「百はな」として、キヨと京都の夜道を歩いています。

ごめんな、キヨちゃん。

この「顔が赤くなってしまう理由」は山ぶどうジュースじゃ、治らないかも。

本当はふたりのことをずっとそばで見ていたいのにな・・・。

と、すみれは思います。

異性として、健太のことが好き。

親友として、キヨのことも好き。

ふたりのことが大好きで大事な、すみれ。

3人の想いは、これからどうなるのでしょうか・・・。

【次のお話】舞妓さんちのまかないさんネタバレ217話はこちら!

【舞妓さんちのまかないさん 最新話ネタバレ】216話 すみれの止まらない恋心!感想

日に日に健太のことが大好きになっていくすみれ。

健太のことを思い出して、赤くなってしまうすみれがとっても可愛いです!

しかし、健太はキヨが好き。

すみれもキヨのことが、とっても大切で大好きです。

3人がそれぞれの気持ちに気づいた時、今まで「友情」と見ていた関係はどうなるのでしょうか。

とっても、純粋で穏やかなお話なのに、なんだかちょっとハラハラしてしまいます・・・。

これからの展開にますます目が離せません!

週刊少年サンデーで連載中の「舞妓さんちのまかないさん」の次のお話は、2021年10月20日に発売される予定です。

発売日以降の最新話ネタバレをどうぞお楽しみに!

舞妓さんちのまかないさん ネタバレ 最新話 感想
最新情報をチェックしよう!