注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

セブン・エンド5話ネタバレ!【最終回】嘘だらけの世界で生きるくらいなら…。

コミックほげっとで配信している「セブン・エンド」のネタバレ&感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

約束通り、中込あきらをかなえの元へ連れ戻したタツヤ。

失踪の痕跡を辿った腕時計を見せると、あきらが真相を話し始め…。

【前のお話】セブン・エンド4話ネタバレはこちら

【セブン・エンド】5話ネタバレ!【最終回】嘘だらけの世界で生きるくらいなら…。

中込あきらが腕時計をもらったのは、かなえの家に結婚の挨拶に行った時でした。

緊張するあきらを豪快に迎え入れ、経歴や誠実そうなところが気に入った!と楽しそうにしていた父…。

しかし最後にはしっかりと頭を下げ、娘を宜しくお願いします…と挨拶をする、昔カタギで義理堅い人だったとあきらは言います。

その後…仕事がうまくいかなくなったあきらは腕時計を義父に返そうとしますが、義父は親身に相談に乗ってくれました。

そんな義父を娘のかなえが殺している所を、あきらは見てしまったのです…。

なぜ…?とその場にいた人が凍りつく中、突然スタンガンであきらを動けなくするかなえ。

助けようとしたショーコも攻撃し、人のモノに触らないで!と嫌悪を露わにしました。

立ち尽くすタツヤに、あきらは父の事…何も解ってないのよと呟きました。

かなえの父はあきらを励ますふりをして、裏では…金も将来もなくした男に未来はないから離婚しろと言っていたのです。

外面を取り繕うのは上手く、家の中では暴力で支配する父に嫌気がさしたかなえ。

ーーだから殺しちゃったの…と、彼女は涙を流して微笑みました。

私にはあきらさえいればいい…と言って、かなえはあきらの傍に寄り添います。

しかしタツヤはかなえに、アンタも結局依存してるじゃん?と告げたのです。

旦那の金にすがった父と、旦那の存在にすがるかなえ…。

俺から見れば、同等だけど?と辛辣な言葉を連ねるタツヤ。

その言葉に逆上したかなえがナイフを構えて突進しますが、ナイフの刃が捉えたのは…割って入ったあきらでした…。

愛する人をこの手にかけ…震えるかなえに、生きてる人間の考えなんてわからねぇよ…とタツヤは呟くのです。

その時、玄関の扉が開き…外で待機していた刑事の麻蛭率いる警察が彼らを取り押さえました。

かなえとの会話を録音したボイスレコーダーを麻蛭に手渡し、ショーコを背負って去ろうとするタツヤ。

タツヤの母親が未だにタツヤを探している事を知っている麻蛭は、今回の事件で失踪人から生者になりたくなったか?と問いかけます。

しかしタツヤは、嘘にまみれる世界に帰るなら…死人の方がマシだよと言いました。

そしてあきらに、かなえにはまだお前が必要だと伝えてくれと言って姿を消したのです…。

後日、逮捕されたかなえには懲役13年の判決が言い渡されました。

後味の悪い事件の後、なぜみんなウソをつくんですか?と泣きながらタツヤに聞くショーコ。

ウソつきになったら楽になるなら、私もなりたい…というショーコの頭に、優しく手をのせるタツヤ。

せめてお前だけは、正直者でいてくれよ…と呟くのでした。

【セブン・エンド】5話ネタバレ!【最終回】嘘だらけの世界で生きるくらいなら…。 感想

やっと事件解決しましたが、かなえが一人で抱え続けていた父の本当の姿に衝撃を受けました。

タツヤやショーコのように、純粋であればあるほど現実世界で生きていくのは困難に思うんでしょうね。

嘘だらけの世界に帰るくらいなら、ずっと死人でいたいって言ったタツヤの言葉が重かったです。

謎解き要素がたくさんあり、読み応え抜群の作品でした!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!