注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

ワールドトリガー165話ネタバレ!ヒュースについて作戦を練るB級部隊

単行本19巻に収録されている「ワールドトリガー」のネタバレ&感想(アニメ版での展開の考察)をまとめました。

【前回のあらすじ】

本気を出せば千佳は人を撃てる、と確信していた当真。

遊真はそれを聞いて修にそのことを相談します。

修は修で、なぜか心の中にどーーんよりとした気持ちがあり、漠然と不安を感じていました。

【前のお話】ワールドトリガーネタバレ164話はこちら!

【ワールドトリガー最新話ネタバレ】165話ネタバレ!ヒュースについて作戦を練るB級部隊

試合前、遊真やヒュース、千佳はいつも通りなのに対し、修だけが何故か落ち込んでいます。

どこかで自分は道を間違ってしまっている気がする、という不安を吐き出した修に、迅がひとつアドバイスをしました。

それが、

揺れるな

という一言。

その言葉に、修はハッとさせられたのでした。

そして始まるB級ランク戦。

解説席には嵐山と犬飼、それからスカウト旅に行っていたオペレーターの結束(ゆいつか)が座っています。

試合開始前に、犬飼と嵐山がどんな試合になるか予想しようとしました。

が、その前に、いやそもそも1人玉狛第二の隊員が増えているとツッコみます。

その頃東隊で、小荒井が叫んでいました。

こいつ知ってる!新人のとんでもなく強い隊員ですよ!

東はそれを聞いても冷静に、しっかり想定外の事にも対応していこう、と言います。

影浦隊でもみんなでヒュースについて誰だこの人?と話していました。

ヒカリいわく、結構顔が整ってるとのこと。

絵馬は言います。

どんな風にこようが、自分たちが勝ってやる。

鈴鳴でも、ヒュースについて話があがっていましたが、特に作戦変更する気はないようでした。

そして今回、ランク戦で戦いを繰り広げるステージが選択されます。

それは、大型ショッピングモールを基点としたステージでした。

階ごとに縦移動することが多く、基本室内で戦う場面が多いステージのようです。

玉狛第二の作戦室では、早速このランク戦での戦い方を考え始めていました。

玉狛第二の隊員が初めて戦う、ショッピングモール内のステージ。

メリットやデメリットなどを一通り宇佐美が示したところで、ヒュースが修に早く指示を出せと催促します。

そして修は、戦いの序盤での作戦をまずはみんなに伝える事にしました。

【次のお話】ワールドトリガーネタバレ166話はこちら!

【ワールドトリガー最新話ネタバレ】165話ネタバレ!ヒュースについて作戦を練るB級部隊感想(アニメ考察)

迅さんが言った4文字、かっこいいですね。

きっと色んな意味が含まれているんだと思うのですが、全部は理解しきれませんでした…でもかっこいいですね!

また、大型ショッピングモールでの戦闘ということで普段とはまたひと味ちがった雰囲気を楽しめそうです。

ヒュースに対する閲覧席のC級隊員たちの反応なども、アニメならば詳しく見られるかもしれないですね!

「誰だろう…」とざわつく会場の空気をぜひ見てみたいものです。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!