注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

ワールドトリガー171話ネタバレ!鈴鳴第一と戦う玉狛第二!

単行本20巻に収録されていた「ワールドトリガー」のネタバレ&感想(アニメ版での展開の考察)をまとめました。

【前回のあらすじ】

合流したヒュースと遊真。

早速戦闘に加わり、影浦をあと少しで倒せるところまで持ってきます。

【前のお話】ワールドトリガーネタバレ170話はこちら!

【ワールドトリガーネタバレ】171話ネタバレ!鈴鳴第一と戦う玉狛第二!

ここで北添が壁を壊して影浦の助けに入りました。

けれどヒュースと遊真のコンビネーション技にやられて、ベイルアウトとなります。

脚を失ってまともに動けず、ヒュースからの攻撃を必死に避けていた影浦も、ここでベイルアウトとなりました。

しかしながら、落ちる寸前に下の階に逃げ落ちていた影浦は、玉狛に点を入れることなくベイルアウトします。

つまり、ヒュースが影浦にいれたダメージよりも、村上が影浦に入れたダメージのほうが大きかったということでした。

結果として、影浦を倒したのは村上となってしまいます。

影浦隊の2人の次は、鈴鳴と戦う玉狛第二。

しかしここでもヒュースはバイパーを曲がらせて使いません。

どうして変化弾を変化させて使わないんだ?と修が聞くと、ヒュースが言います。

考えがある。だからこの試合では変化弾は見せない。

少し悩んだ修ですが、ヒュースの言葉を信じることにしました。

そして中距離で撃ち合っていた玉狛第二と鈴鳴第一ですが、ヒュースが接近戦に切り替えます。

近づいてくるヒュースを、村上は迎える構えをしました。

【次のお話】ワールドトリガーネタバレ172話はこちら!

【ワールドトリガーネタバレ】171話ネタバレ!鈴鳴第一と戦う玉狛第二!感想(アニメ考察)

怒涛の勢いでベイルアウトしていく隊員たち。ここから展開が盛り上がり始めるので、アニメではBGMや戦闘音などの迫力もアップしそうで楽しみですね!

ヒュースがボーダーのトリガーをかなり使いこなしていてカッコいいです…アニメで動くヒュースを見られるのが待ち遠しいです。

ワールドトリガーの原作絵は、何度も何度も読みたくなるようなスッキリとしていて動きのある絵ですよね。

集団戦術をメインに描いている漫画なので、乱闘も多く、漫画での見ごたえも抜群です。

そしてアニメでは複雑な動きや展開を「色や音つき」で演出してくれるので、これもまた別の良さがあり見ごたえも抜群ですよね。

展開が複雑になってき始めたここらでも、アニメで見るとまた別の気づきがあるかもしれません!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!