注目キーワード
  1. 最終回
  2. アニメ化
  3. 実写化

ワールドトリガー176話ネタバレ!ヒュースの悪い噂が広まる

単行本20巻に収録されていた「ワールドトリガー」のネタバレ&感想(アニメ版での展開の考察)をまとめました。

【前回のあらすじ】

無事必要な点数を取ることができた玉狛第二。

ヒュースのどこまでも真面目な姿勢に、修もホッとするのでした。

【前のお話】ワールドトリガーネタバレ175話はこちら!

【ワールドトリガーネタバレ】176話ネタバレ!ヒュースの悪い噂が広まる

試合が終わり、解散となった玉狛第二。

宇佐美と修が本部の廊下を歩いています。

そこで宇佐美は、試合前に感じてた漠然とした不安は消えた?と聞くと、まだ残っている、と修は言いました。

そこで歌川や菊地原から連絡があり、こんな噂話が伝えられます。

それは、とても強い新人・ヒュースは、近界氏なんだ!というC級隊員の間での噂でした。

修はそれを聞いて、自分の不安はそれだと思います。

ヒュースが強すぎて、近界氏であると周囲に言われることを修は無意識のうちに不安に思っていたようなのでした。

すぐに修はメディア対策室長である根付のところへ相談に行きます。

そこには、東も居ました。

修は、ヒュースの噂を否定してほしいと相談すると、根付はそのことは既に解決している、と言います。

解決方法は、ヒュース近界氏説よりももっと信頼性のある噂を流すというものでした。

新しく流す噂はこうです。

ヒュースはとても優秀なトリオン量を持っていて、カナダからスカウトされてボーダーに来た。

元々は玉狛第一に入る予定が、迅がS級をやめて玉狛第一に入ったので、流れで玉狛第二に入ることになった。

それを、ボーダー内で絶大な信頼が寄せられている東の名前で流す、というものでした。

根付が資料をとってくる間、修はふと東に聞かれます。

それは、さっきの試合で千佳は人を撃っていたけれど、様子は平気そうか?という内容の質問でした。

【次のお話】ワールドトリガーネタバレ177話はこちら!

【ワールドトリガーネタバレ】176話ネタバレ!ヒュースの悪い噂が広まる感想(アニメ考察)

長い間修の胸の内でもやもやあっとしていたものが、はっきりしたお話でしたね。

こんな根も葉もある噂が広まってしまうときっと大変な事態になってしまうと思うのですが、解決策の内容がすごく安心できるもので、すごいなあと思いました。

根付のイメージヒュースが着ていた服にフロームカナダと書いてあるのですが、そこまでアニメで再現してもらえたら嬉しいですね笑

ヒュースにとっても玉狛第二にとってもボーダーにとっても緊張のシーンでしたが、根付の対策の速さに救われました。

そして、メディア対策室の前に設置されている、等身大の嵐山さんフィギィアはアニメで登場するんでしょうか…?

流石にシリアスなシーンで登場したら色んな意味でやばいと思うのですが、噂の件が何とかなった後のシーンでちらっと映ったら面白いですね!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!